コンセプトconcept

こころとカラダのメンテナンスセンター Clover of life.のロゴマーク

「変わりたい」気持ちと「変わりたくない(このままでいい)」気持ち、両方ありませんか?

なんとかしたいけど、行動に移せないでいる。
「変わりたいけど、変わりたくない」というような心理状態は誰にでも起こります。

このように相反する気持ちを同時に持つことを両価性といいます。

当センターでは、「変わりたいけど、変わりたくない」を「変わりたい」という方向に変えていくサポートを行っていきます。

具体的には、あなたの「変わりたい」気持ちを掘り下げていきます。
そして、変化するための方法について一緒に考えていきます。

一緒に考えることができるのは、あなたの中に変化のために必要なものが揃っているからです。
私の役割は、あなたと一緒に必要なものを探すことです。あなたと私の協同作業で進めていきます。

2種類のカウンセリング

カウンセリングは2種類あると考えております。

ひとつは、悩みや問題を解決するカウンセリング。もうひとつは、日々の出来事に対する自分の考え、気持ち、行動を整理して、より良く生きるため、そして自己成長するためのこころのメンテナンスとしてのカウンセリング。

この2種類を当センターでは提供しております。あなたはどちらのカウンセリングを希望しますか?

現代の働く女性たちの動向

変わりたいと願う女性を
サポートしたいと思ったきっかけ

自分自身の辛い経験

10年前、突然自分にとって大切な人を失う体験をしました。1年程は仕事と日常生活をなんとかこなしていました。悲しいや辛いなどの感情は湧くのですが、嬉しい、楽しいなどの感情は一切湧いてくることがなくなってしまい、部分的に感情麻痺状態になりました。「なんとかしないといけない…」とずっと思っていました。

もし病院へ助けを求めたら、「病気と診断される?!」「薬を出される?飲まないと治らない?」「怖い」「普通じゃなくなる?」「人に知られたらどうしよう…」と考えました。もしカウンセリングを受けるとしたら、「どこのカウンセリングルームがいい?」「カウンセラーとの相性は?」「自分の職業を絶対言えない…」と考えました。

カウンセリングの必要性をずっと感じていましたが、カウンセラーである自分がカウンセリングを受ける側になることはカウンセラーとしてのプライドが許しがたく、ひとりで抱え込んでいました。

カウンセリングが自分を変える手段

同業の友人に相談したところ、その方がお世話になっているベテランの臨床心理士の先生を紹介されました。

月1回カウンセリングを受ける中で、人の前で感情(特に怒り、憎しみなどのネガティブな感情)を出していいということ、人に話すことで考えと気持ちの整理ができること、色々な自分(弱音を吐くことができなかった自分。頑張り過ぎていた自分。人を頼ることを恐れていた自分。感情を出すことを恐れていた自分)に出会いました。

カウンセリングは問題からの回復、そしてより良い自分に変わるために自分と向き合うことをサポートしてくれるものであると実感しております。

カウンセリングを受ける側の気持ちや葛藤がわかり、カウンセリングの効果を経験したカウンセラーとして、多くの方にカウンセリングを提供しております。